2000年1月17日(月)

星は語る / ロビンソン クルー

micd-8003.jpg北欧フィンランドでセンセーションを巻き起こしたNo.1ゴスペルバンド、衝撃の日本デビューアルバムの登場!
1997/12/10 released
CD:MICD-8003 ¥2,800+税 Add to Shopping Cart
(フィンランド直輸入盤全10曲入り、日本語解説・歌詞付)

plus詳細表示

 オーロラの国フィンランド発の爽やかですがすがしいPOPアルバム。タイトル「星は語る」にも北欧の響きが美しい。しかし、フィンランドの偏った性教育を非難した「Kは守らない」(コンドームは心を守らない)ではマスコミや社会を巻き込んでの論議を呼ぶなど、シリアスなテーマを扱っている。
 サウンド的には、R&B、ジャズ、フィンランドの民族的な歌を融合させた北欧フリーソウルとでも言えるだろう。メンバーはラッセ・ヘイッキラー(Vo.&Key.)率いるサックス、ギター、ベースにドラムの5人。スウェーデンやエストニアでのコンサートも開催。
 1997年2月には小坂忠のニューアルバム「Peace³」(ピースピースピース)のレコーディングに参加。同4月、小坂忠のライブツアーで初来日を果たし、そのソウルフルで切れのいい演奏でライブを湧かせた。小坂忠のPeace3のアルバム収録曲「心に火をつける」のオリジナル曲も、ぜひ聞き比べを。
 異色の活動を続けるフィンランド若手実力派ミュージシャン揃いの「ロビンソン・クルー」は今、注目度、期待度ともNo.1バンドだ。

歌詞検索

P&Wの歌詞の一部をひらがな5文字以上で入力してください。

※カタカナ、数字、英字なども、ひらがなに直して下さい。

管理者用